「アフィリエイトを利用した記事があります」

「SEOツール」COMPASSのキーワード選定の使い方を解説!

「SEOツール」COMPASSのキーワード選定の使い方を解説! サービス

普段のキーワード選定には、COMPASSというツールを利用しています。

このツールは、競合の少ないサイトを自分で探す手間を省き、検索されやすい「お宝キーワード」を簡単に見つけられる便利なものです。

COMPASSは一度購入すれば使い続けられる買い切りタイプで、毎月の料金がかからないのが魅力です。

しかし、使い方が少し難しいので、今回はCOMPASSを使ったキーワード選定の方法を説明します。

COMPASSツールの入手方法

画像引用元:COMPASS 公式

COMPASSは公式サイトからダウンロードでき、「キーワード選定 COMPASS」と検索すればすぐに見つかります。

購入方法や価格については公式サイトを参照してください。

利用するためには、最新のJAVAが必要ですので、インストール手順をよく読んで実行してください。

注意点

WINRAWという圧縮・解凍ソフトを使っていると、JAVAが上書きされてしまうことがあるため、他の圧縮・解凍ソフトを使用するようにしてください。

それでは、COMPASSのインストールが完了したとして、次に進みましょう。

キーワード選定の方法

COMPASSを起動すると、左側にメニューが表示されます。

まずは「直接OR関連」をクリックして、検索したいキーワードを入力します。

今回は「お盆休み」に関連するキーワードを探します。

「関連ワード(推奨予測)」と「虫眼鏡ワード(Yahoo)」にチェックを入れます。

「階層掘り下げる」は、追加の連結キーワードを見つけたい場合にチェックします。

次に「キーワード拡張ピックアップ」をクリックして、キーワードの検索を開始します。

少し時間がかかりますが、「関連ワード(網羅)」にもチェックを入れておくと、さらに多くのキーワードが見つかります。

検索が完了したら、「すべて追加して閉じる」をクリックし、次に進みます。

キーワード解析の開始

左側にサーチ項目が表示されたら、「解析開始」をクリックします。

解析の前に「キーワードサーチ解析範囲を10位まで」「キーワードInTitle」の「INTitle」と「allintitle」にチェックを入れ、「Topサイト集計関連」の「上位INTitle」にもチェックを入れて、「この条件で開始」をクリックします。

解析が終わると、左側にキーワード一覧が表示されます。

「allintitle」の欄をクリックして、allintitleが0から始まるように並べ替えましょう。

重要ポイント

intitleの数値が大きく、allintitleの数値が小さいキーワードは、競合が少なく「お宝キーワード」の可能性が高いです。

COMPASSでは、これを自動的に探してくれるので、時間の節約になります。

設定が完了したら、画面右上の「CSV」をクリックして、データをPCに保存します。

保存したCSVファイルを開き、xlsx形式で別名保存してください。

CSVのままだと修正ができないためです。

追加のヒント

Windows11を使用している方は、Office365にアップロードすると、エクセルファイルに自動変換され、いつでも修正内容が自動保存されます。

COMPASSでのキーワード検索は簡単!

これで、COMPASSを使ったキーワード検索は完了です。

キーワードの選定に多少時間がかかるので、他の作業をしながら進めると効率的です。

COMPASSは時間がかかるけれど便利 まとめ

COMPASSを使えば、空いた時間で手軽にお宝キーワードを見つけることができます。

このツールのおかげで、日々のキーワード検索の手間を大幅に減らすことができました。

ただし、途中で画面を閉じるとデータが消えてしまうので注意が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました