「アフィリエイトを利用した記事があります」

【2024】WebPを変換できるプラグインとは?Jpegを軽く!

【2024】WebPを変換できるプラグインとは?Jpegを軽く! ブログ

画像を軽量化するために、Googleが開発した「WebP」形式を利用したいと考える方も多いでしょう。

しかし、WebPは古いブラウザに対応していないため、直接使用するのは難しいのが現実です。

WebPに対応したブラウザにはWebP画像を、未対応のブラウザには従来の形式(JPEG等)の画像を配信するのが理想的です。

とはいえ、こうした振り分けを手動で行うのは開発者でも困難です。

だからこそ、プラグインの利用がおすすめなんですね。

「WebP Converter for Media」の紹介

画像引用元:Webp Converter for Media 公式

この問題を解決するために、「WebP Converter for Media」というプラグインを紹介します。

これにより、画像を自動的にWebPに変換し、ブラウザによって適切な形式で画像を配信することができます。

WebPとは?

WebPは、Googleが開発した画像フォーマットで、以下の特徴があります。

  • 非可逆圧縮(JPEGと同様)
  • 高い圧縮率(非常に軽量)
  • 背景透過対応
  • アニメーション対応

高性能で軽量ですが、IEなどの古いブラウザでは対応していないため、WebPだけを使うのは現実的ではありません。

主要なブラウザは現在対応していますが、対応状況については最新情報を確認してください。

「WebP Converter for Media」の機能概要

「WebP Converter for Media」は、WordPressサイトの画像をWebPに対応させる優れたプラグインです。

主な機能は以下の通りです。

  • 対応ブラウザにはWebPを表示
  • 非対応ブラウザには元形式(JPEG等)を表示
  • 画像アップロード時に自動でWebPに変換
  • 既存の画像も一括でWebPに変換可能
  • テーマやプラグイン内の画像も変換可能
  • プラグインを無効化すると元形式の画像を表

変換した画像は、/wp-content/uploads-webpc/ディレクトリに保存されます。

プラグインのインストール

「WebP Converter for Media」をインストールする方法は簡単です。

WordPressの管理画面から検索してインストールするか、直接ダウンロードしてwp-content/pluginsディレクトリにアップロードし、有効化します。

プラグインの使い方

プラグインを有効化した後は、「設定」>「WebP Converter」から設定画面を開きます。

基本的な設定はデフォルトのままで問題ありませんが、必要に応じて以下の設定を行います。

  • Image loading mode: 「via .htaccess (recommended)」を選択
  • List of supported files extensions: 変換する画像のフォーマットを選択(GIFも変換可能ですが、アニメーションは失われます)
  • List of supported directories: 変換対象のディレクトリを選択(/uploads, /themes)
  • Conversion method: 「GD」を選択
  • Images quality: 画質を75%〜100%の間で調整(75%でも十分な画質)

設定を保存したら、「Regenerate All」で既存の画像を一括変換します。

エラーが発生した場合は、パーマリンク設定を確認し、「基本」以外を選択してみてください。

WebPで読み込まれているか確認

変換後にWebP形式で画像が読み込まれているかどうかは、ディベロッパーツールの「Network」タブで確認できます。

「img」を選択してリロードし、「Type」がWebPになっていれば成功です。

WebP画像で軽量化? まとめ

「WebP Converter for Media」を利用することで、画像をWebPに自動変換し、ブラウザに応じた最適な形式で配信することができます。

これにより、サイトのパフォーマンスが向上し、ユーザー体験も改善されます。

さらに、画像の最適化を行うことで、さらに効率的な軽量化が可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました