サイトがインデックスされない理由は?原因と解決策をご紹介!

サイトがインデックスされない理由は?原因と解決策をご紹介! ブログ

サイトの記事を書いた時、なかなかインデックスされない記事もあれば、数分でインデックスされる記事がありますが、両者の違いはどこにあるんでしょう?

今回は、サイトが検索エンジンにインデックスされない原因と解決策など徹底解説します!

インデックスされない原因と解決策

ブログのアイコン

ウェブサイトが検索エンジンにインデックスされない場合、その原因と解決策を以下に示します。

新しいサイトで検索エンジンにサイトの存在を知られていない場合

ウェブサイトやブログを新たに立ち上げたばかりの場合、検索エンジンのクローラーがサイトを発見していない可能性があります。

解決策としては、しばらく待つことも考えられますが、効果的な方法としてGoogleサーチコンソールを使用し、XMLサイトマップを送信することが挙げられます。

これにより、検索エンジンにサイトの存在を通知し、クローラーがサイトを巡回する機会を増やすことができます。

ペナルティを受けている場合

Googleは、品質に関するガイドラインを設けており、これに準拠しないウェブサイトにはペナルティを課すことがあります。

ペナルティを解除するためには、ガイドラインを理解し、それに違反しないように注意することが重要です。

canonicalタグに設定された他のURLがインデックスされている

canonicalタグは、重複するコンテンツが検索エンジンによってインデックスされないようにするために使用されます。

正しく使用することが重要で、記述ミスを避ける必要があります。

robots.txtでクロール除外をしている

robots.txtファイルは、検索エンジンにクロールすべきでないページを指示するために使用されます。

適切に設定されているか確認し、アクセス制限を解除することが必要かもしれません。

noindex設定がされている

noindex設定は、特定のページが検索エンジンによってインデックスされないようにするためのメタタグの設定です。

コンテンツの品質に注意し、適切にnoindexを使用することが必要です。

ワードプレスで記事を「no index」にするなら?COCOONやプラグイン別に解説! | オタク女子のゲーム&IT入門
ワードプレスのドメインパワーが下がる原因の1つとして、ブログ自体の品質が落ちたことにあります。ただ、ドメインパワーが下がる原因がわかれば、逆にドメインパワーを上げる方法もあるんです。

サイトの専門性が低いと判断されている

ウェブサイトが特定のテーマやトピックに対する専門性が低いと判断される場合、インデックスされにくいことがあります。

専門性を高め、質の高いコンテンツを提供することで改善できます。

コンテンツの品質が低い

検索エンジンはコンテンツの品質を重視します。

コンテンツの質を向上させ、他のサイトより価値のある情報を提供することが大切です。

外部サイトからの流入や評判、引用が少ない

新しいサイトは外部からの流入や評判が少ないことがあります。

SNSや他の媒体での露出を増やし、被リンクを獲得する努力が必要です。

Googleにウェブページを効果的にインデックスさせる方法

スマホをチェックする

Googleにウェブページを効果的にインデックスさせるために、以下の2つの方法を活用することが重要です。

これらの方法を組み合わせることで、Google検索エンジンへのインデックス登録を促進できます。

1. XMLサイトマップを活用する

ウェブサイトには、HTMLサイトマップとXMLサイトマップの2つのタイプのサイトマップが存在します。

ただ、クローラビリティを向上させてウェブページのインデックス登録を促進するためには、「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」を積極的に設置しましょう。

XMLサイトマップファイルを作成し、ウェブサイトにアップロードし、その後、Googleサーチコンソールのサイトマップ機能を使用して送信します。

これにより、Googleはファイル内に記載されたウェブページのURLを認識し、クローラーがこれらのページを巡回しやすくなります。

結果的に、Googleによるインデックス登録が簡単になるんです。

初めにXMLサイトマップを導入し、ウェブページの早い段階でインデックス登録を促進することがおすすめです。

特に、WordPressでブログを運営している場合は、「Google XML Sitemaps」という専用プラグインを使用することで、XMLサイトマップの自動生成と更新が簡単に行えます。

2. Fetch as Googleを活用する

Googleサーチコンソールには「Fetch as Google(現在はURL検査ツール)」という機能があります。

この機能を使用すると、特定のウェブページのURLに対して、Googleのクローラーを呼び寄せてウェブページのインデックス登録を促すことができます。

主に以下の2つのケースで活用されます。

  • ブログ記事をリライトした場合
  • 新しいウェブページを公開した場合

ウェブサイトが充実していても、新しいコンテンツがなかなかクロールされずにインデックス登録されないことがあります。

このような場合、Fetch as Googleを利用して、新しいコンテンツへクローラーを呼び寄せ、検索エンジンへのインデックス登録を促すことが重要です。

サイトがインデックスされない原因を探ろう! まとめ

以上の方法を活用し、ウェブページをGoogleに効果的にインデックスさせるために、適切な対策を実施しましょう。

質の高いコンテンツの提供やリンク構造の最適化など、ウェブページの品質向上も大切です。

これにより、ウェブページはより早く検索エンジン経由でアクセスされ、Webトラフィックの増加に貢献します。

ただ、インデックス登録だけでなく、ユーザーの利便性と関連性も考慮し、SEO戦略を練ることが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました