記事をGoogleの検索エンジンに早くインデックスさせるには?

記事をGoogleの検索エンジンに早くインデックスさせるには? ブログ

新しいウェブサイトやブログを立ち上げた際、Googleの検索エンジンに記事がインデックスされるまでには時間がかかることがあります。

早期のインデックス化は、記事のコピーや盗用を防ぐ上でも重要です。

今回は、ウェブクローラーの動作原理と、新しい記事やサイトをGoogleに効率的に認識させる方法について解説します。

インデックスが遅れる場合の対策

パソコンのセキュリティ

インデックスが遅れている場合、以下の手段を使って改善を図ることができます。

Search Consoleに登録

①:Googleの「Search Console」を開き、「URL検査」ツールでインデックスさせたいページのURLを入力。

②:「インデックス登録をリクエスト」をクリックして登録手続きを進める。

XMLサイトマップを送信

①:ウェブサイトのXMLサイトマップをGoogleに送信。

②:WordPressユーザーは「Google XML Sitemaps」プラグインを使用可能。

内部リンクの追加

①:新しいページに他のページから内部リンクを設定。

②:内部リンクは関連性のあるページを結ぶのに効果的。

SNSでの紹介

①:SNSやメールマガジンなどを活用し、サイトへのアクセスを促進。

②:アクセス数の増加はインデックスの早期化に寄与。

外部リンク(被リンク)の取得

①:初期段階では外部からのリンクを積極的に獲得

②:既にトラフィックが高いウェブサイトからの被リンクは特に有効

Search Console登録の追加情報

サーチコンソールの画面

WordPressを使用している場合、プラグインを利用して自動的に検索エンジンに更新を通知することが可能です。

以下はその一例です。

  • WebSub (以前の名前: PubSubHubbub)
    ※有効化するだけで効果があります。
  • PuSHPress

これらのプラグインはインデックス化を保証するものではないものの、インデックスされる速度を向上させる可能性があります。

注意点

これらの手順を踏んでも、インデックスが即座に行われるとは限りません。

特に新しいウェブサイトの場合、Googleの検索エンジンがサイトの存在を認識し、評価するまでには時間がかかることがあります。

重要なのは、規則正しいコンテンツの更新と、これらの基本的なSEO対策を継続的に行うことです。

ウェブページを検索結果に表示するためのプロセス

Googleがウェブページを検索結果に表示するためのプロセスには、特定のシステムが関わっています。

Googleは「Googlebot」というプログラムを使用して、世界中のインターネット上のサイトを巡回します。

このプログラムは一般に「クローラー」と呼ばれ、各ウェブサイトのリンクを辿りながら情報を収集します。

クローラーは、以前に巡回したページやウェブサイト管理者が提供するサイトマップを基にして動作します。

このため、新しく作成されたサイトやサイトマップが提供されていないサイトはクローラーによって巡回されにくいです。

「インデックス」で整理

次に、Googleは収集した情報を「インデックス」というプロセスで整理します。

検索キーワードに基づいて表示されるのは、このインデックス化された情報です。

インデックスされていないページはGoogle検索結果に表示されません。

インデックスされているかどうかの確認方法

インデックスされているかどうかを確認するには、Google検索で「site:ドメイン名」の形式を使用します。

“https://”は不要です。

たとえば、あるサイトがインデックスされているかを確認する場合は、「site:example.com」と入力します。

グーグルにインデックスされない時は? まとめ

ウェブサイトを新たに立ち上げた場合、できるだけ早くGoogleやYahooなどの検索エンジンに表示されるようにしたいですよね。

記事の内容、量、質は検索順位に影響しますが、まずはGoogleにサイトの存在を知らせることが重要です。

早期のインデックス化は、コンテンツのコピー対策にもなります。

新たにサイトを立ち上げた際は、これらの点を考慮し、多くの人に早くアクセスしてもらえるよう工夫しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました