1記事あたりの内部リンク数の適切な数!多すぎるとペナルティ?

1記事あたりの内部リンク数の適切な数!多すぎるとペナルティ? ブログ

内部リンクはウェブサイトの検索順位向上に寄与しますが、過度な内部リンク設置はGoogleからのペナルティのリスクがあるため、注意が必要です。

ただ、適切な内部リンク数については明確なガイドラインが存在しません。

今回は、1記事あたりの内部リンクの適切な数についてご紹介します!

内部リンクの適切な数はどれくらい?

リンクのアイコン

Googleの公開ガイドラインによれば、1ページのリンクを妥当な数に抑えることが重要で、最大で54個まで許容されています。

ただ、不自然な大量の内部リンクを故意に設置し、検索結果ランキングを操作しようとする行為は避けるべきであり、Googleの品質ガイドラインに反する場合、ペナルティの対象となる可能性があります。

なので、内部リンクは必要性に応じて設置し、その中から妥当なものを選び、ユーザーが選択しやすい状態を維持することが大切です。

多すぎる内部リンクはユーザーの選択行動を妨げ、必要な情報を見つけにくくする可能性があります。

ユーザーは多くの選択肢を目にした場合、選択に迷うか、選択を諦めることがあるため、必要な情報のみを内部リンクとして掲載し、戦略的に設置することが重要です。

大量の内部リンクが設置されたページを目にしたユーザーは、内部リンクの内容を精査することが難しくなり、最終的にページから離れてしまう可能性があるため、内部リンクの選定と配置には慎重に取り組むべきです。

Googleからのペナルティとは?

Googleからのペナルティは、ウェブページの文字数に対する内部リンクの割合によって決まります。

先ほどの結論には重要な注意事項が含まれています。

以前の結論は次のとおりです。

内部リンクの数が54個以内ならばGoogleからペナルティを受けない

ただし、これにはウェブページの文字数が影響しており、具体的には文字数に対する内部リンクの割合が問題となります。

以下で詳しく説明します。

例えば、2つのページが存在すると仮定します。

  • ページA: 文字数1,000、内部リンク数53
  • ページB: 文字数10,000、内部リンク数53

この場合、ページAはGoogleからのペナルティを受ける可能性があり、ページBはペナルティを受けない可能性があるということです。

具体的な計算に基づいて説明します。

文字数に対する内部リンクの割合を計算すると、ページAが5.3%であり、ページBも5.3%となります。

つまり、文字数に対する内部リンクの割合が4.4%以下であれば、Googleからのペナルティを受けない可能性が高いと考えられます。

また、Wikipediaの「検索エンジン最適化」ページを例に挙げると、このページはGoogleからペナルティを受けていない上に、文字数に対する内部リンクの割合が4.4%であることが分かります。

要するに、文字数に対する内部リンクの割合が4.4%以下であれば、Googleからペナルティを受けにくいと考えられます。

なお、以前は1ページに100本のリンクを設定することが推奨されていましたが、現在はウェブの状況が変化し、このガイドラインは削除されている可能性があります。

なので、内部リンク数が多いこと自体がペナルティの原因ではなく、文字数に対する内部リンクの割合が重要であると考えられます。

内部リンクと外部リンクの特徴

リンクのイラスト

Wikipediaの内部リンクと外部リンクには、以下の特徴があります。

①内部リンクの特徴

  1. ページ内に同じ言葉が複数ある場合は、最初に登場する言葉にリンクを設定する。
  2. 記事本文と関連性が低いページにも内部リンクを貼る。
  3. ウェブページ編集者向けページへのリンクには「rel=”nofollow”」を設定する。

②外部リンクの特徴

外部ページへのリンクには「rel=”nofollow”」を設定する。

具体的に説明します。

ページ内に同じ言葉が複数ある場合は、最初に登場する言葉にリンクを設定する

ウェブページ内で同じ単語が何度も登場する場合、Wikipediaは最初に登場した単語に内部リンクを設定します。

例えば、ウェブページ内で「ウェブサイト」という単語が14回登場する場合、最初に登場した「ウェブサイト」に内部リンクが設定されます。

記事本文と関連性が低いページにも内部リンクを貼る

Wikipediaでは、記事本文と関連性が低いページにも内部リンクを貼ります。

例えば、特定の言葉の意味を説明するページに、関連性が低いページへの内部リンクが存在します。

これは、記事本文と関連性が低いページにも内部リンクを設定する特徴です。

ウェブページ編集者向けページへのリンクには「rel=”nofollow”」を設定

Wikipediaにはウェブページ編集者向けのページへの内部リンクが存在します。

これらのリンクには、「rel=”nofollow”」という属性が設定されており、これが特徴の一つです。

外部ページへのリンクには「rel=”nofollow”」を設定

Wikipediaの外部ページへのリンクには、すべて「rel=”nofollow”」という属性が設定されています。

外部ページへのリンクは、Wikipedia内のページから他のウェブサイトへ移動するためのリンクです。

これが、外部ページへのリンクの特徴です。

内部リンクの数は適切な数を配置しよう! まとめ

リンクの数を検討する際には、ユーザーの視点からリンクが有用であるかどうか、記事本文との関連性、そして「rel=”nofollow”」の設定に注意することが重要です。

SEOの観点からも、これらの要素を考慮することが重要ですが、ユーザーにとって有益な情報を提供することが最も重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました