「アフィリエイトを利用した記事があります」

PageSpeed Insightsの最初のサーバー応答時間を速くしてくださいの対策方法は?

PageSpeed Insightsの最初のサーバー応答時間を速くしてくださいの対策方法は? サービス

ageSpeed Insightsの対策はSEO対策に大きな影響を与えます。

WordPressであれば、プラグインを使うことで多くの項目を改善できます。

検索順位に影響するため、一つずつ対策していきましょう。

今回は「最初のサーバー応答時間を速くしてください」の改善方法について説明します。

最初のサーバー応答時間を速くしてください

最初のサーバー応答時間を速くしてくださいの表示画面

「最初のサーバー応答時間を速くしてください」とは、PHPを使いサイトにアクセスがある度にサーバーからHTMLを生成する仕組みのWordPressでは応答時間が長くなりがちです。

この応答時間を短縮することで対応可能です。

表示速度が速いサイトを意識して制作していると、PageSpeed Insightsの改善項目に表示されないこともあります。

今回は「最初のサーバー応答時間を速くしてください」と表示された場合の対策を、簡単な順に紹介します。

PageSpeed Insightsとは

画像引用元:PageSpeed Insight 公式

PageSpeed Insightsは、Googleが無料で提供しているページの表示速度改善ツールです。

Google Search Consoleの「ウェブに関する主な指標」からも利用できます。

自分のサイトの表示速度を計測するにはPageSpeed Insightsを使ってみましょう。

ここでは、「最初のサーバー応答時間を速くしてください」という問題が出ている場合の改善手順を説明します。

WordPressに余計なプラグインを入れすぎない

プラグインは便利ですが、多すぎるとサーバーに負担がかかります。

使っていないプラグインは停止ではなく削除しましょう。

プラグインは10以下を目標に、本当に必要なものだけを選びましょう。

PHPを最新のバージョンに変更する

PHPのバージョンを最新にすることで表示速度が向上します。

ただし、テーマやプラグインが対応しているかを確認しましょう。

私の場合、古いカウンタープラグインが影響しており、PHPのバージョンを上げると不具合が出ました。

PHPのバージョンを変える時には、念のためにバックアップを取ることを強固におすすめします!

バージョン8.0以降では多くの変更があり、特に注意が必要です。

バックアップをとってからバージョンアップを行いましょう。

高速テーマへの変更

高速なテーマに変更することで、「最初のサーバー応答時間を速くしてください」が改善されることがあります。

デザインの変更が必要になることもありますが、チャレンジする価値はあります。

使用していないテーマも削除して軽くしましょう。

レンタルサーバーの見直し

最も効果的なのが速いレンタルサーバーへの変更です。

速いサーバーはSEOにも効果的で、Googleのクローラーが頻繁に巡回するようになります。

サーバーと独自ドメインに投資することで、長期的な効果が期待できます。

レンタルサーバー選びのポイント

  • 常時SSL化が無料か
  • サーバーのディスクがSSDか
  • 第三世代・第四世代のWebサーバーか
  • WordPressの引っ越しサポートがあるか

おすすめのレンタルサーバー

>>>ロリポップのハイスピードプランがおすすめ!

私も利用していますが、安くて速いサーバーを探しているなら、ロリポップのハイスピードプランがおすすめです。

LOLIPOP!ロリポップ(ハイスピードプラン)

  • 常時SSL化: 無料
  • ディスク: SSD 400GB
  • Webサーバー: LiteSpeed
  • 応答スピード: 高評価
  • 同時接続負荷耐性: 高評価
  • WordPress引越しサポート: 有り(有料)
  • 価格: 初期費用0円/550円

速くてアクセス集中にも強い。

400GBのSSDと第四世代WebサーバーのLiteSpeedでコスパが非常に良いです。

新規の方でも簡単にWordPressが導入可能です。

最初のサーバ応答時間を速くするには? まとめ

最初のサーバー応答時間を速くするためには、使っていないテーマやプラグインの削除、PHPの最新バージョンへの変更、高速テーマへの変更、そして速いレンタルサーバーへの移行が効果的です。

PageSpeed Insightsの対策は現状では高効果とは言えませんが、将来的には重要性が増す可能性があります。

早めに対策を行い、ライバルに先行しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました