「アフィリエイトを利用した記事があります」

Search Consoleで「検出 – インデックス未登録」と出たら?対応策

Search Consoleで「検出 – インデックス未登録」と出たら?対処法 ブログ

GoogleサーチコンソールでWebページのインデックス状況を確認すると「検出 – インデックス未登録」という表示を見かけることがあります。

せっかく作成したWebページが検索エンジンにクロールされず、インデックスもされなければ、その努力が無駄になってしまいます。

この現象を正確に理解し、適切な対策を講じる必要があります。

この記事では、「検出 – インデックス未登録」に分類されたページの確認方法や、「クロール済み – インデックス未登録」との違い、原因と対応方法について説明します。

Googleサーチコンソールでのインデックス確認方法

GoogleサーチコンソールでWebサイトのインデックス状況を確認した際、「検出 – インデックス未登録」の項目が表示された場合の対応について解説します。

まず、Googleサーチコンソールの管理画面の左側メニューから「インデックス作成」→「ページ」を開くと、インデックスに登録されなかった理由と、そのページ数が表示されます。

クリックすると、具体的なURLリストも確認できます。

「検出 – インデックス未登録」とは?

「検出 – インデックス未登録」とは、GoogleサーチコンソールがURLを検出したが、検索エンジンによるクロールが行われず、インデックスもされていない状態を指します。

クロールとインデックスは、SEOにおいてページを検索結果に表示させるための重要なステップです。

「クロール済み – インデックス未登録」との違い

「検出 – インデックス未登録」と「クロール済み – インデックス未登録」の違いは、クロールが行われたかどうかです。

  • 「検出 – インデックス未登録」はクロールが行われておらず、結果としてインデックスもされていない状態
  • 「クロール済み – インデックス未登録」はクロールは行われたが、何らかの理由でインデックスされていない状態

「検出 – インデックス未登録」になる原因

「検出 – インデックス未登録」は、いくつかの原因が考えられます。

  1. Webサイトへの過負荷が見込まれたため
  2. クロールの優先度が低く見なされたため
  3. ドメインパワーが低いため

対応策

  1. XMLサイトマップの送信:
    サイト内の全ページのURLや最終更新日を記述したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールから送信し、検索エンジンに全ページの存在を伝えます。
  2. 内部リンクの実装:
    孤立したページのクロール優先度を上げるため、関連性の高いページ同士をリンクで繋ぐように内部リンクを見直し、追加します。
  3. Googleサーチコンソールからインデックス登録をリクエスト:
    GoogleサーチコンソールでインデックスされていないページのURLを入力し、インデックス登録をリクエストします。
  4. GoogleのIndexing APIの利用:
    Indexing APIを利用して、検索エンジンにインデックスを促す方法です。エンジニアの協力を得られる場合、実装を検討しても良いでしょう。

「検出 – インデックス未登録」は時間の経過で解決する可能性も

「検出 – インデックス未登録」については、時間が経つとインデックスされる場合もあります。

そのため、今はインデックスされていなくても、将来的には検索エンジンに登録される可能性があると言えます。

しかし、単に待つだけでは効果的ではなく、Webサイト全体の評価を最大化することはできません。

重要なのは、これまでに述べた対策を一つずつ実行し、自らの手でインデックス登録を促進することです。

これができるようになれば、同様の問題が発生した際にも対応に困ることなく、より効果的にWebサイトを運営できるようになるでしょう。

インデックス未登録と出た場合の対策 まとめ

「検出 – インデックス未登録」に分類されたページの確認方法、発生原因や対策方法について解説しました。

自社Webサイトのページを検索で上位表示し、流入トラフィックを獲得するために、検索エンジンのクロール・インデックスは非常に重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました