コインチェックでも使えるメタマスクとは?メリットやデメリット!

仮想通貨・暗号資産

メタマスクと言う言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、それでは意味を教えてくださいと言われた場合、しっかりと答えられる方は少ないと思います。

コインチェックでもメタマスクの利用はできますが、今回は、そもそも、メタマスクとはどんなものなのか、また利用するメリットやデメリットなど、ご紹介します!

MetaMask(メタマスク)とは?

メタマスク

MetaMask(メタマスク)というのは、イーサリアムベースのブロックチェーンネットワークに特化したデジタルアセットのウォレットであり、仮想通貨の保管場所として機能します。

このウォレットを使用することで、ユーザーは自分のパスワードを自己管理することが可能となり、これが通常の取引所のウォレットとの大きな違いです。

このウォレットは、イーサリアム(ETH)はもちろん、イーサリアム上で作成されたERC-20トークンの保管と管理を行うことができます。

多くのNFTやDeFiサービスとの互換性を持つMetaMaskは、その汎用性から広く使われている人気のウォレットです。

メタマスクの特長とメリット

鍵と手

メタマスクが何かわかったところで、どんな特長やメリットなども見ていきましょう。

メリット①:複数のアドレス作成機能

複数のウォレットアカウント(アドレス)を作成する機能があり、目的に応じた資産管理が可能です。

例えば、メインアカウント、NFT専用アカウントなどを設定することで、整理された管理が行えます。

また、これはセキュリティ面でもメリットがあります。

メリット②:ガス代をユーザーが設定

ガス代(イーサリアムネットワーク上でのトランザクション処理にかかる費用)をユーザーが自由に設定することができます。

ガス代は速度(低速、中速、高速)によって異なり、費用対効果を考えながら選択できます。

メリット③:直接交換が可能

MetaMaskは、外部の取引所を使わずに直接ウォレット内で仮想通貨を交換する機能を提供しています。

これにより、取引所を介した複雑な手続きを省き、より安全で迅速な取引が可能になります。

メリット④:日本語対応

日本語にも対応しており、初心者にも使いやすい設計になっています。

そのため、英語が得意でないユーザーでも容易に利用できます。

メリット⑤:無料でダウンロード可能

MetaMaskは無料でダウンロードし利用することができ、維持費もかかりません。

ただし、トランザクション時にはガス代が別途必要です。

メリット⑥:ユーザー数が多い

世界中で3,000万人を超えるユーザーが利用しており、これは特にNFT市場など新興分野での信頼の表れと言えます。

これらの機能により、MetaMaskは仮想通貨取引における重要なツールとなっており、そのユーザーベースは今後も拡大していくと考えられています。

MetaMask(メタマスク)の利用におけるデメリット

メリットとデメリットの計り

MetaMaskを使用する際は、いくつかの懸念事項があります。

デメリット①:オンラインセキュリティの脆弱性

MetaMaskはオンラインで動作する「ホットウォレット」に分類されます。

このタイプのウォレットはインターネットに接続されているため、アクセスは非常に便利ですが、セキュリティ面では脅威にさらされやすい傾向があります。

実際、ハッキングによる資産損失の報告がMetaMaskユーザーの間で稀にあります。

ユーザーは自らのセキュリティ意識を強化し、リスクを最小限に抑える対策を講じることが重要です。

デメリット②:対応するブラウザの制限

MetaMaskは、以下の限られた数のブラウザでのみ利用可能です。

【MetaMask対応ブラウザ】

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Opera
  • Brave
  • Microsoft Edge

日常的にこれらのブラウザを使用していない場合、MetaMaskへの慣れる過程で混乱するかもしれません。

特に、AppleのSafariユーザーは、このブラウザが対応していないため、別のブラウザに切り替える必要があります。

デメリット③:ビットコインへの未対応

MetaMaskはビットコインを直接管理することはできません。

ビットコインは多くの人にとって主要なデジタル資産であり、その管理には他のウォレットを利用する必要があるため、この点が不便であると感じるかもしれません。

メタマスクの意味やメリット・デメリットについてのまとめ

この記事では、MetaMaskの利点と欠点、その設定と使用方法について詳しく説明しています。

MetaMaskを使用すると、イーサリアムベースのデジタルアセットの保管が可能になります。

ガス代をユーザーの裁量で調整できる機能や、複数のアカウントを管理できる点が大きなメリットです。

さらに、直感的に操作しやすいクリアなインターフェースも利用者にとっては魅力的です。

特にNFTやそれに関連するプラットフォームを頻繁に使用する場合、MetaMaskは非常に価値があると考えられるウォレットでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました