コインチェックのワンタイムパスワードとは?ログインできない理由

コインチェックのワンタイムパスワードとは?ログインできない理由 仮想通貨・暗号資産

コインチェックでは、ログインの時に2段階認証を利用することを推奨していますが、その時に使うアプリで代表的なものに「Google Authenticator」があります。

私も、普段のログインには「Google Authenticator」を利用してますが、ワンタイムパスワードを知らないと、ログインできないのを繰り返す羽目になる可能性大です。

今回は、コインチェックのワンタイムパスワードとは何かやアプリを利用した2段階認証の方法などご紹介します!

コインチェックのワンタイムパスワードとは?

パスワード認証画面

まず、コインチェックのワンタイムパスワードとは何かと言えば「Google Authenticator」に表示されたパスコードのことを指します。

「Google Authenticator」アプリのパスコードは、30秒ごとに切り替わるので「ワンタイムパスワード」と呼ばれているんですね。

なので、コインチェックにログインしようとして、スマホのパスコードを入力しても「認証コードが異なります」と表示されるケースでは、時間内に入力ができず、新しいパスコードに切り替わっている可能性があります。

「Google Authenticator」を起動する時には、30秒ごとに数字が入れ替わる「ワンタイムパスワード」であることを忘れず、ログインできない!と慌てないようにしてみてください。

2段階認証でエラーが出たときの対処法

2段階認証画面

コインチェックにログインしようとして、2段階認証でエラーが出た場合は、慌てずに、上記のワンタイムパスワードが更新されている可能性があることを思い出してください。

以下に、ワンタイムパスワードに関連する対処法をご紹介します。

最新のパスコードを入力

Google Authenticatorを使っていて、2段階認証でエラーが出たときには、以下の方法を試してみてください。

まず、スマホで設定を行った2段階認証(Google Authenticatorなど)を起動して「最新のパスコード」を入力します。

この場合、パスコードは一定時間(30秒)ごとに更新されるワンタイムパスワードなので、古いパスコードは使えません。

もし、複数のコードが表示された場合は、最新の取得コードを入力すればログインできるはずです。

途中でコードが切り替わったら?

入力の途中で時間が経つと、パスコードが変わってしまうことも多々あります。

なので、パスコードを入力する時は、一度パスコードが切り替わるのを待ってから、30ごとに更新されるパスコード(ワンタイムパスワード)を入力してください。

アプリのパスコードが赤くなったり点滅したりする場合、まもなくパスコードが変わる合図です。

もしコードが切り替わってログインができない時には、パスコードが切り替わった直後にコピーしてから試すなど、何度か操作を繰り返す必要があります。

ログインする前に、スマホの画面を開いて置き、パスコードが入力しやすいようにしておくと便利です。

時計の自動補正機能をチェック

2段階認証アプリを使うには、スマホやタブレットの「時刻」が正しく設定されている必要があります。

なので、端末の自動設定機能がONになっているかを確認し、OFFになっている場合は、以下の方法でONにしてください。

時計の自動補正機能をONにする方法

  1. 端末の「設定」を開いて下にスクロールして「システム」から「日付と時刻」を選びます。
  2. 「日付と時刻」から「日時を自動的に設定」をONにしましょう。
  3. 「Google Authenticator」アプリ内の設定ボタン(画面右上の縦点3つ)を選んだ後、「コードの時刻調整」→「今すぐ同期」を選べば完了です。

ちなみに、iOSのスマホを使っている場合は「設定」アプリから「一般」→「日付と時刻」へと進み、「自動設定」をONにすればOKです。

コインチェックのワンタイムパスワードは30秒更新 まとめ

それでは、コインチェックのワンタイムパスワードとは何かや2段階認証でエラーが出てログインできない時の対処法などご紹介してみました。

コインチェックでは、ログイン時に2段階認証を推奨してますが、アプリのパスコードは30秒ごとに更新されるため、ワンタイムパスワードと呼ばれています。

2段階認証でエラーが出る場合、パスコードが古い可能性も多々あるので、最新のパスコードを入力するなどして対処してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました